リハビリ新聞~膝の痛み~は歩き方を変えて解消!

「ガニ股歩き」と「O脚歩き」の違い

街でときおり見かける「ガニ股」歩きの人。膝が外に開いた少し不格好な歩き方に、どうしてあんな歩き方をしているんだろうと思いつつ足元に視線を落とすと、つま先はしっかりと前を向いている。女性の場合多く見られるのは、威張った男性の歩き方の特徴である「ガニ股歩き」ではなく、O脚をおしとやかに1歩1歩踏み出すような「O脚歩き」なんです。

「ガニ股歩き」は膝もつま先も外を向いているのに対して、「O脚歩き」は膝だけが外を向いているような状態です。膝への負担は「ガニ股」に比べ「O脚」の方が圧倒的に大きくなります。

意外と多い「変形性膝関節症」

川口らの研究(2008)によると、40歳以上の変形性膝関節症の有病率は男性42%、女性61.5%と2人に1人以上の割合となっていることがわかります。

日本全体でみると、患者数は推定2500万人に上ります。男女比でみると、女性の方が圧倒的に多く、このことからも男性的な「ガニ股歩き」と女性的な「O脚歩き」では後者の方が膝への負担が大きい事がわかります。

どうして変形性膝関節症になるの?

変形性膝関節症の要因は大きく分けて3つ挙げられます。まず一つ目は「加齢」、二つ目は「女性」です。これらの要因に対しては直接的に対応するが難しいのはご理解いただけるでしょうか。単に「年をとらない」「女性をやめる」といった手立ては考えにくいですから。それでも「加齢」「女性」の要件を満たした人のうち39%は変形性膝関節症になることはありません。

ということは3つ目の要素が大きな引き金になってくることは明白です。変形性膝関節症になるか、ならないかを決定する最も大きな要因、それは「肥満」です。太っているほど、その体重を支えるために膝にかかるストレスというのは大きくなります。そして、肥満の方の多くは運動習慣がなく、筋肉の量も少なくなるため、膝関節を支える力が弱く、結果として間接への負担が増して変形を引き起こしてしまいます。

変形しちゃったらどうにもならない?

変形性膝関節症の患者さんの316の関節に対して「膝の機能の改善」をするために有効な治療法は何かという研究では、「①患者教育(座学)」「②減量のみ」「③運動療法のみ」「④減量+運動療法」というアプローチ方法の中で最も効果的だったのは「④減量+運動療法」でした。これは単に減量するだけでなく、運動療法を組み合わせることにより効果的な膝関節の機能の改善を図れることを示唆しています。そのほかの研究でも、膝痛に対して運動療法を行うことは、ヒアルロン酸の粘りが増して関節を守る機能が高まった結果、痛みの軽減につながるといった報告もあります。かといってむやみに体を動かしてしまうと逆効果となる場合もあるため、ここは専門家の視点が欠かせなくなるでしょう。

人生百年時代を見据えて、シニアでも安心して運動できる環境の整備、専門家の育成は必須となってきます。

正しい歩き方って?

歩き方については雑誌やテレビ番組などで様々な事が話されていますが、情報が多すぎて一体どれを信じればいいのだろうというのが本音かもしれません。

筆者の私見を申しますと「どれも正解でありどれも間違いである」と言ったところでしょう。

人の歩き方は。10人いれば10通りあるわけで、どれも一律にこれが効果的であると言えないのが本音です。唯一いえることは。「軸回旋」運動が良い歩き方のポイントだということです。

あなたにはいますか?かかりつけ理学療法士

英国では自分のかかりつけ理学療法士がいます。米国もそうですが、海外では薬局のように理学療法士も院外処方であり、町には多くのリハビリクリニックがあります。身体の違和感で、病院に行くほどではないものに関しては理学療法士に相談しています。海外では、予防と銘打たなくても既に予防リハビリがおこなわれているといってもいいでしょう。

2025年には団塊の世代が75歳を迎え、超高齢社会はさらに深刻化していきます。介護が必要にならない体つくりはもちろん、介護が必要になったとしても重度化を予防できる専門家の存在は欠かせなくなるでしょう。

そういった意味で「かかりつけ理学療法士」を見つけ、定期的に体の違和感や動作のチェックを行っていく事は、生き生きとしたシニアライフを送るうえで間違いなく大きな助けになるでしょう。

リハビリスタジオ ゲンテンでは、脳卒中や脊柱管狭窄症などの後遺症でお悩みの方の機能回復のみでなく、痛みの緩和・外出サポート・旅行リハビリなどの保険リハビリではカバーすることが出来ないワンランク上のサービスを提供いたします。

リハビリをご希望の場合は、まずはお電話で症状のご相談やどういったことができるのかをお問い合わせください。

ご自宅への訪問リハビリも承っております。

東京都世田谷区桜上水5-27-5松本ハウスBC

関連記事

  1. 高齢者が体力をつけるためにはなにが必要?

  2. リハビリ新聞~猫背は脊柱管狭窄症の始まり?~

  3. 祝♪日本代表大躍進

  4. 桜並木

  5. 防災週間

  6. トレーナー活動♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP