どうして腰痛が良くならないの?

なんで私の腰痛は治らないの?

こんんちは、理学療法士の永井です!

 

先日の台風15号の影響で関東でもライフラインが止まったり、浸水などの水害が発生した日があったようですね。

一刻も早い回復を祈っています。

 

さて、先日、お客様からこんな質問を受けました。

 

「どうして私は腰痛になんでしょうか?自分でもストレッチをしたり腹筋したり姿勢を気を付けているのに、一向に良くならないんです。

友人はデスクワークで姿勢も悪くて生活も乱れているのに、腰痛は無いらしいんです。

私はこんなに気を付けて痛いのに、なんであの人は腰痛にならないんですか?」

 

こんな内容でした。

 

確かに、姿勢も悪くて、運動もほとんどしていなくて、お腹もポッコリしていて健康に全く気にしないのに、どこも悪くない。って人いますよね(笑)

 

では、腰痛のAさんはどうして腰痛が治らないんでしょう?

 

Aさんは腰痛を治すために、運動をして、筋トレをして、姿勢を気にしています。

どれも、腰痛改善には大切なことです。

 

それでも良くならないのは、どれも「自己流」でやっているから。

テレビや雑誌で紹介される方法は効果が出ることもありますが、

それは本人の状態が「たまたま」その方法にあったからです。

改善の第一歩は、まずは自分の状態を把握する

腰痛になる原因は星の数ほど考えられます。

 

例えば、

〇反り腰なのか猫背なのか

〇腹筋が弱いのか、背筋が弱いのか

〇背骨の可動性は高いのか、低いのか

〇炎症があるのか、そうでないのか

〇腰以外の部位はかたいのか、柔らかいのか

 

ざっと挙げるだけでもこのような要素があります。

私たち理学療法士が腰痛を施術する場合、このような複数のチェックを行い、

その結果、運動するのかストレッチするのか、姿勢指導するのかを決めています。

 

では、果たして自己流で腰痛を治したい人が、これらのチェックの結果、いろいろな予防法を選んでいるでしょうか?

メディアなどで取り上げられる体操を、ただ腰痛にいいからというだけでやっていませんか?

 

ストレッチにしろトレーニングにしろ、自分の状態に合わせて行わないことで、良かれと思ってやっていることが、逆効果になる場合も多くあります。

 

自分の状態を把握せずに腰痛予防をすることは、健康的にみえてリスクも多くあります。

 

まずは専門家のチェックを受けることが大切

このように、自己流は成果も出ず、より悪化するリスクがある事が分かりました。

では、Aさんが腰痛を改善する最も効率の良い方法はなんでしょうか?

 

それは、まず専門家の判断を聞いてから、改善方法を検討すること

 

最初の一歩さえ間違わなければ、ストレッチにしてもトレーニングにしても成果は現れます。

その最初の一歩をまずは専門家と踏み出すことで、改善の正しい道を歩むことが出来ます。

 

私たちは、その一歩をお手伝いするためにスタジオであなたをお待ちしております。

 

なかなか治らない腰痛で悩んでいる

自分でいろいろと試しているが結果が伴わない

 

そんな思いで悩んでいる方は、ぜひ当店までご相談ください。

 

あなたの初めの一歩を踏み出すための応援を全力で行っています!

桜上水駅から徒歩2分  理学療法士が在籍するリハビリスタジオ ゲンテン

関連記事

  1. 祝♪オープン1周年

  2. トレーナー活動♪

  3. 春の体調不良

  4. 花粉症には運動が効果あり!?

  5. HPリニューアルのご案内

  6. 乙武プロジェクトを応援するプロジェクト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP