お盆ですね!

こんにちは、ゲンテン理学療法士の永井です!

今週からお盆期間にはいりましたね。通勤時間帯の電車がとても空いていて、非常に快適です(^-^)

帰省・旅行などでお出かけの方は台風も近づいているので、くれぐれも気を付けてお楽しみくださいね!

 

さてさて、日本全国でお休みとなるお盆ですが、地域によって日付に違いがある事をみなさんご存知ですか?

私の母方の田舎である青森県は8月がお盆、それに対して、東京では7月がお盆、

なんで違うんだろうなーと漠然と思っていました。

 

wikipedea先生によると、

お盆(おぼん)とは、日本夏季に行われる祖先の霊を祀る一連の行事。日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。

かつては太陰暦7月15日を中心とした期間に行われた。

明治期の太陽暦(新暦)の採用後、新暦7月15日に合わせると農繁期と重なって支障が出る地域が多かったため、新暦8月15日をお盆(月遅れ盆)とする地域が多くなった。

 

とのこと。

東京などの大都市部や東北・北陸地方の一部など農繁期と重ならない地域では新暦7月15日となっていて、

 その他ほぼ全国では8月15日になっているそうです。

 

行事の伝統と、実際の仕事の兼ね合いで違いが生まれたんですね!

 

ちなみに、沖縄・奄美地方では旧暦によるお盆が一般的で、年によっては9月にずれこむこともあるそうです。

(ちなみに沖縄ではお盆初日をウンケー、2,3日目をナカビ、最終日をウークイというらしい)

 

ちなみにお盆の由来はというと…

仏教用語の「盂蘭盆会」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。盆とは文字どおり、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。現在でも精霊を「ボンサマ」と呼ぶ地域がある。

中華文化では道教を中心として旧暦の七月を「鬼月」とする風習がある。旧暦の七月朔日に地獄の蓋が開き、七月十五日の中元節には地獄の蓋が閉じるという考え方は道教の影響を受けていると考えられる。台湾香港華南を中心に現在でも中元節は先祖崇拝の行事として盛大に祝われている。

盆の明確な起源は分かっていない。1年に2度、初春初秋満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊年神として神格を強調されて正月となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったと言われている。日本では8世紀頃には、夏に祖先供養を行う風習が確立されたと考えられている。

1600年代(慶長年間)に、イエズス会が編纂した『日葡辞書』には、「bon(盆)」と「vrabon(盂蘭盆)」という項目がある。それらによると盆は、仏教徒(宣教師の立場からみれば「異教徒」)が、陰暦7月の14日・15日頃に、死者の為に行う祭りであると、説明されている。

地方や、仏教の宗派により行事の形態は異なる。

また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆」と呼ばれ、天道すなわち大日如来のお盆は「大日盆」と言われる。

お盆は成句(イディオム)として、年末年始と組み合わされて使われることも多い。「盆暮れ(ぼんくれ)」などと時季を指す言葉としてや、「盆と正月が一緒に来たよう」という”とても忙しいこと”または”喜ばしいことが重なること”のたとえ(慣用句)が代表的である。

 

 

 

 

非常に分かりずらいですが(笑)、8世紀頃から年2回、お正月とお盆に祖先の霊と交流する文化として確立されたとのことです!!

 

毎年の事お盆の意味を知らなかったですが、これからは先祖の皆さんの事を考えながら過ごしていきたいですね(^-^)

 

桜上水リハビリスタジオ ゲンテンはお盆期間中も休まずに営業しております!!

お身体の不調でお悩みの方、痛みが取れない方はこの機会にゲンテンにご相談くださいね。

              /

       /

/

オープン1周年キャンペーン

初回施術料が通常8,640→5,400円(8月限定)

\

     \

               \

この機会にお身体をメンテナンスしてみませんか?

 

関連記事

  1. 新年度

  2. 肩こりは揉んだり伸ばしたりせず姿勢改善を!

  3. 春の体調不良

  4. 世田谷の夏!

  5. トレーナー活動♪

  6. 夏の陽気!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP