肩こりは揉んだり伸ばしたりせず姿勢改善を!

もっすー、ゲンテンの武田です!
昔から「春眠暁を覚えず」なんて言いますが、
眠い眠いと頭を下げて過ごしているあなた^ ^
実はその姿勢、肩こりの原因になっているかもしれません。

うつむいた姿勢はいわゆる「猫背」「巻き肩」を生みます。
その姿勢を長時間取ってしまうと、首の後ろや肩の周りに筋肉が血流障害をおこして悲鳴をあげます!この血流障害が「肩こり」です。

では肩こりを治すためにはどうしたらいいでしょう?
答えは簡単。
姿勢を正して首や肩に負担がかからない状態にすればいいんです( ̄+ー ̄)

「そんなことはわかってるんだよ!それでも良くならないから困ってるんだよ~」
という声が聞こえてきそうですが、
では肩が凝ってしまったあなたのための肩こりワンポイント講座^ ^

先ほども言ったように、肩こりは筋肉の血流障害です。
なので、おこってしまったらいち早く疲労物質をその筋肉から追い出して
血流を改善することが大切です。

手早くできることは鎖骨を視点に腕をぐるぐる回すこと!
両手を鎖骨の付け根にあてながら肩をすくめたり下げたりすることで肩周りの筋肉の血流がみるみる改善しますよ!

眠気の抜けないこんな季節だからこそ、筋肉をしっかり動かして、スッキリさせましょう~

関連記事

  1. 勉強会<理学療法士・作業療法士向け>

  2. OTOTAKE PROJECTを全力応援!

  3. 夏の陽気!

  4. 春の体調不良

  5. 自主トレの効果

  6. 歩き方、意識してる??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP