あなたは臨床家の理学療法士・作業療法士ですか?

この質問にYESであれば、以下のどれかにきっと当てはまるはずです

 

✔️自分の治療テクニックに自信がない

✔️いくつもセミナーに行って勉強したけど、結局なにも身に付かなかった

✔️治療の苦手が部位がある

✔️評価から治療まで一貫性が無く、結局ただ漫然とマッサージをしているだけ

✔️自信を持って自分の治療を後輩に指導したい

 

 

こんな悩みをお抱えのあなたは、今の自分をもっと良くしよう、成長させようと努力していることでしょう。

 

でも、、、

 

勉強会やセミナーに行っても、結局身に付かない。

 

自分にはセンスがない。

 

周りとの差がどんどん開いてしまう

 

そう感じているのではありませんか?

 

このままではいけない、なんとかしなきゃと焦る。このままじゃまずい。。。

 

そんな負のスパイラルに陥っている人にこそお伝えしたいのが、

 

特別な知識や技術がなくても結果がだせる

 

【ゲンテンメソッド】

 

あなたが今まで学んできた知識や技術を活かしながら、全身の連動・協調性を引き出し、短時間で再現性の高いテクニック・圧倒的臨床力を身につけるメソッド。

 

そのための無料ウェブセミナーをご用意しました。

 

 

 

その理由とは…

 

今まであなたが受けてきたセミナーは、「部位」しか見ていないセミナーだったから

 

膝関節の治療をするときには「膝関節」のアプローチを行う。股関節の可動域制限の治療をするときには「股関節」のアプローチを行う。

 

技術系のセミナーでは細かい関節の動かし方を教わり、細かな触診を行い、問題のある部位にフォーカスしてアプローチをすることを指導されます。

 

一見当たり前に聞こえますが、果たしてそれで十分なのでしょうか?

 

我々の身体は、単関節が単独で働くということはまずありません。

 

必ず隣接の関節から末梢の関節まで、すべての関節が協調して運動を制御しています。

 

これはニュートン力学が証明しています。

 

つまり、1つの関節が動く時には、全身に波及する影響を考えなければいけないのです。

 

この大原則を考えずに、単独の関節ばかりにフォーカスをしたアプローチを行なっていれば、当然結果は出ないのです。

 

ご挨拶

 

後半に施術動画があります。見逃さないようにご覧ください!

 

たった1つの部位に十数秒間アプローチするだけで、ハムストリングスの過緊張を緩和することができます。しかもごくわずかな力での介入なので、クライアントへの負担が少ないだけでなく、腰痛で悩む人が多い施術者にとっても非常に優しいテクニックです。

 

これは、「全身の連動」を取り入れたテクニックになっており、ある法則に沿ってアプローチしているだけなのです。

 

 

このメソッドを知ると得られるメリット

✔️あなたの評価から治療までの「核」となる考え方となる

✔️今まで学んできた単関節・筋に対するテクニックが加速する

✔️リスクの少なく、再現性の高いアプローチができる

✔️自信をもって後輩に技術指導ができる

✔️患者様との信頼関係が強固に築ける

✔️独立のための第一歩となる

 

完全無料の豪華3大特典

①先ほどお見せしたテクニックを包み隠さずに見れる動画

先ほどのテクニックを包み隠さず、理解しやすいように公開します。新卒セラピストでも数分練習するだけで100%の再現性を実現したこの手技を学ぶことで、あなたの治療の選択肢を増やすことができます。

 

②肋骨テクニックの理論・考え方

このテクニックはとてもシンプルですが、ゲンテンメソッドの根底には系統発生学・運動学・力学など多くの要素が盛り込まれています。その一端を知ることで、肋骨テクニックへの理解が深まり、臨床に「全身の連動」を意識したアプローチが出来るようになります。

 

③全身の連動表

ゲンテンメソッドは、モジュールという全身の連動を基本に構築されています。このモジュールを知ることで、評価(動作分析)、治療戦略立案、アプローチがシンプルかつ一貫性のあるものになります。

 

講師紹介

武田 真也

理学療法士 ゲンテンメソッド考案者 THE PHYSIO FIT STUDIO GEN.代表

 

永井 優斗

理学療法士 ゲンテンメソッドインストラクター

 

 

このセミナーの想い

「圧倒的臨床力を持つ新卒理学療法士を育てる」

この想いで私たちのセミナーは始まりました。いま業界では、新卒で採用した理学療法士が結果を出せないのは当たり前だと考えられています。

確かに、即戦力となる教育を養成校はしていないし、技術も経験だってありません。

しかし、その新卒PTも患者様を担当します。患者様には、担当者が新卒だろうがベテランだろうが関係ありません。

理学療法士免許を持ったプロフェッショナルなのです。

本来であれば、新卒でも結果の出せるテクニックを教えるのが先輩の役割でしたが、残念ながらそのようなものは世に存在しませんでした。

そんな背景から生まれたのが「ゲンテンメソッド」

新卒でも、知識がなくても、再現性の高い治療が行えるように誰でも出来る簡単なアプローチで構成されたメソッドです。

ぜひプレゼントするテクニックをマスターして、日常の診療にお役立てください。

 

 

あなたの臨床の「核」となるロジックが手に入る




✔自分の治療テクニックに自信がない

✔いくつものセミナーに行って勉強したけど、結局何も身につかなかった

✔治療の苦手な部位がある

✔評価から治療まで一貫性がなく、結局ただ漫然とマッサージをしているだけ

✔自信を持って自分の治療法を後輩に指導したい

こんなお悩みをお抱えのあなたは、今の自分をもっと良くしよう、成長させようと努力していることでしょう。

でも…

勉強会やセミナーに行っても、結局身につかない

自分にはセンスがない。

周りとの差がどんどん開いてしまう

そう感じているのではありませんか?

このままではいけない、なんとかしなきゃと焦る。このままじゃまずい。。。

そんな負のスパイラルに陥っている人にこそお伝えしたいのが、

特別な知識や技術がなくても結果が出せる

ゲンテンメソッド

 

あなたが今まで学んできた知識や技術を活かしながら、全身の連動・協調性を引き出し、短時間で再現性の高いテクニック・圧倒的臨床力を身につけることができるメソッド。

そのための無料ウェブセミナーをご用意しました。




その理由とは…

今ままであなたが受けてきたセミナーは、「部位」しか見ていないセミナーだったから

膝関節の治療をするときには「膝関節」のアプローチを行う。股関節の可動域制限を治療するときには「股関節」のアプローチを行う。

技術系のセミナーでは細かい関節の動かし方を教わり、細かな触診を行い、問題のある部位にフォーカスしてアプローチすることを指導されます。

一見当たり前に聞こえますが、果たしてそれで十分なのでしょうか?

我々の身体は、単関節で働くということはまずありません。

必ず隣接の関節から抹消の関節まで、すべての関節が協調して運動を制御しています。

これはニュートン力学が証明しています。

つまり、1つの関節が動くときには、全身に波及する影響を考えないといけないのです。

この大原則を考えずに、単独の関節ばかりにフォーカスをしたアプローチを行っていれば、当然結果は出ないのです。

ご挨拶

後半には施術動画があるので、見逃さないようにご覧ください!

たった1つの部位に十数秒アプローチをするだけで、ハムストリングスの過緊張を緩和することができます。

しかもごくわずかな力での介入なのでクライアントへの負担が少ないだけでなく、腰痛で悩む人が多いセラピストにとっても非常に優しいテクニックです。

しかも、「全身の連動」を取り入れたテクニックになっており、ある法則に従ってアプローチをしているだけなのです。

このメソッドを知ると得られるメリット

✔あなたの評価から治療までの「核」となる考え方となる

✔今まで学んできた単関節・筋に対するテクニックが加速する

✔リスクの少なく、再現性の高いアプローチができる

✔自信を持って後輩に指導が出来る

✔患者様との信頼関係が強固に築ける

✔独立のための第一歩となる



完全無料の豪華3大特典

①先ほどお見せしたテクニックを包み隠さずに見れる動画

先ほどのテクニックを包み隠さず、理解しやすいように公開します。新卒セラピストでも数分練習するだけで100%の再現性を実現したこのテクニックを学ぶだけで、あなたの治療の選択肢を増やすことが出来ます。

②肋骨テクニックの理論・考え方

このテクニックはとてもシンプルですが、ゲンテンメソッドの根底には系統発生学・運動学・力学など多くの要素が盛り込まれています。その一端を知ることで肋骨テクニックへの理解度が深まり、臨床に「全身の連動」を意識したアプローチが出来るようになります。

③全身の連動表

ゲンテンメソッドは、モジュールという全身の連動を基本に構築されています。このモジュールを知ることで評価(動作分析)、治療戦略立案、アプローチがシンプルかつ一貫性のあるものになります。

講師紹介

武田信也

理学療法士 ゲンテンメソッド考案者

「圧倒的臨床力をもつ新卒セラピストを育てる」

この想いで私たちのセミナーは始まりました。

現在わたしたちの業界では、新卒で採用したセラピストが結果を出せないのは当たり前だと考えられています。

確かに、即戦力となる教育を養成校はしていないし、技術も経験もありません。

しかし、その新卒セラピストも患者様を担当します。患者様には担当者が新人だろうがベテランだろうが関係ありません。

理学療法士免許を持ったプロフェッショナルなのです。

本来であれば、新卒でもすぐに結果が出せるよう指導するのが先輩の役割ですが、残念ながらそのようなものは存在しませんでした。

そんな背景から生まれたのが「ゲンテンメソッド」

新卒でも、知識がなくても、再現性の高い治療が行えるように、誰でも出来る簡単なアプローチで構成されたメソッドです。

ぜひ今回プレゼントするテクニックをマスターして、日常の診療にお役立てください。